Blog&column
ブログ・コラム

美容室と理髪店の違いについて解説

query_builder 2021/03/01
コラム
blow-dry-bar-del-mar-chairs-counter-delbeautybox
髪を切りに行くときは、美容室や理髪店で切ってもらいますよね。
しかし、髪を切るという目的は同じなのに、なぜ呼び名は違うのでしょうか?
そこで今回は、美容室と理髪店の違いについて解説致します。

▼免許の違い
美容室と理髪店は、業務をおこなうためにそれぞれ免許が必要です。
美容室は、美容師法という法律に則り、カットパーマカラーをします。
理髪店は、理容師法という法律に則り、カットや頭髪の剃り込み、顔そりなどを行います。

▼目的の違い
■美容室
美容室は、見た目を美しくすることを目的としています。
カット以外にもカラーパーマをおこない、お客さんに合ったスタイルを提案してくれます。

■理髪店
理髪店は、見た目を整えることを目的としています。
カット以外にも顔剃りをおこない、モミアゲや襟足、ひげなどを綺麗に剃ってくれます。

▼仕上がりの違い
美容室と理髪店は目的が異なるので、仕上がりも変わります。
美容室は、美しさや流行に沿ったスタイルを目的としているので、あえてアンバランスさを出しておしゃれを引き出したりします。

一方で、理髪店は整えることを目的としているので、髪型はキッチリ整えられます。
スポーツ刈りなどのバラツキがない髪型にする場合に適しています。

▼まとめ
髪を切る目的は同じですが、美容室と理髪店はそれぞれ違いがあります。
自分の用途に合わせて、どちらにするか選んでくださいね。

また当店は、お客様の年齢に合った自然なスタイリングを得意としております。
自身の年齢に合ったスタイルにしたいとお考えの方は、ぜひお気軽にお越しくださいね。

NEW

  • query_builder 2021/09/18
  • 空間除菌オゾン

    query_builder 2021/05/12
  • グレーヘアカラー

    query_builder 2021/04/07
  • アレルギーがあっても白髪染めはできるの?

    query_builder 2022/08/02

CATEGORY

ARCHIVE