Blog&column
ブログ・コラム

ドライカットによるメリットとデメリットとは

query_builder 2021/11/01
コラム
image
美容室のメニューで見かけるドライカットは、名前の通り、髪が乾いた状態でカットを行います。
この「ドライカット」によるメリット・デメリットをそれぞれ紹介します。

▼ドライカットのメリットとデメリット
フランスで生まれたカットの技法が「ドライカット」です。
普段と同じように、髪が乾いた状態でのカットを行います。

■ドライカットのメリット
髪が乾いた状態ということは「普段と近い状態」だと考えることが出来ます。
クセやボリュームなどを見ながらカット出来るのがドライカットの大きなメリットです。
スタイリングがしやすいという特徴もあります。

■ドライカットのデメリット
髪が濡れている状態でのカットと比べるとドライカットは髪への負担が多めです。
もし髪が傷んでいる場合は大きなデメリットとなる可能性があります。
また、濡れた状態でのカットよりも時間が掛かる場合があります。
気になる場合はカットの前に美容師に相談すると安心です。
髪の状態にあわせてドライカットにするか検討しましょう。

▼まとめ
髪に深刻なダメージがなければドライカットもおすすめです。
「スタイリングがしにくい」「量が気になる」と感じているなら利用してみましょう。
千葉県松戸市の「ビューティスタジオ アルファモード」ではドライカットを行っています。
ボリュームやクセに対するお悩みなどがございましたら、お気軽に「ビューティスタジオ アルファモード」にご相談ください。

NEW

  • query_builder 2021/09/18
  • 空間除菌オゾン

    query_builder 2021/05/12
  • グレーヘアカラー

    query_builder 2021/04/07
  • 白髪染めとヘアマニキュアはどう違うの?

    query_builder 2022/07/01

CATEGORY

ARCHIVE